△連続編集,「鍵,2,」谷崎潤一郎,作, 朗読4-5,※旧式録音改善編集にご協力いただける方、お知らせください。

by: maguchiish

Download this transcript

Transcript:

[8.99]
兄たち重一郎 花紀京読書-4 1月30日の10カラー 4や所もや追ってはこの日記の存在を知る筈はないしましてないよう 読む理由はないと思うので書くのだけれども 夫がこの程度であってくれた夫はどうしてこういう具合に行かないのだろう 実に奇妙なことなのだが私はそう思いながら主が夢であることも夢といっても一部分が 現実で一部のが夢であることというのは本当は夫に犯されているのであって 夫が木村さんのように見えているのであるらしい 良いことも意識のどこかで感じていたただそれにしてはおかしいのはあの内容の充実感 だけが夫のものとは思われない あっ書くだけが以前として感じられているのであっ もしあのクルボアジェのおかげであのように酔うことができるのであったら そしてあのような幻覚を感じることができるのであったら私は何度でもあのブランデー を伸ばしてほしい 私は私に俳優良いを教えてくれた夫に感謝しなければならない だがそれにしても私が厳格で見たものは果たして実際の木村さんなのであろうか 私は現実には木村さんの要望衣服を通しての主体を知っているだけでまだ一変も裸を見 たことはないのにどうしてそれが厳格になって出てきたのであろうか あれは私の空想している木村さんであって現実の木村さんとは違うのであろうか 一度私は夢や幻覚でなく実際に木村さんの裸の姿を見てみたい気がする 1月30日正午すぎ 木村から学校へ点は後容体はいかがですかというから 景山僕が出かける時までは寝ていたらもう何でもなさそうだ 今やまた飲みに来てくれたまえと言ったらパンではない 居食屋のばマびっくりしました少し先生も慎んでください しかしとにかくお見舞いに参りますと言っていたが午後4時に来た妻もも起きて茶の間 にいた木村はもうすぐ失礼しますと言ったら今夜はぜひ 編みがはそうよはいいまあいいと僕は強く 引き止めたも妻もそばでそれを聞きながらニヤニヤしていた 決して嫌な顔はしていなかっ キメラも口ではそう言いながらその実腰を上げる様子はなかった 木村が入っ昨日の深夜彼が辞去した後に我々の進出においていかなる事件が起こったか 落ちるはずはないのだろう 僕は遺作やよが明ける前に計ことを2階の書斎に戻してもいいか そしてまたまさか自分が行くこの幻影の世界に現れ彼女 陶酔せしめたことを知っているはずはないのだから にもかかわらず内心行こうよせたがっているかのごとき行数が見えるのは何故であろう か 木村は郁子が何を欲しているかを知っているかの如くである 知っているとすればそれは以心伝心であろうか あるいは行くからアンジュされたのであろうか 多田稔子だけは3人で先が始まると必ず嫌な顔をして自分だけさっさと切り上げて出て 行ってしまう 今夜の妻が中座して便所に隠れそれから風呂が 風呂は1日大きな方が飛ぶん毎日沸かすことにすると爪がバイオに話していた まあ山日酔いなので夕方水だけあっておいて帰り ガスに火をつけるのは我々のうちの誰かなのだ 今夜は子 文やからって以下がつけたいっ 入って倒れた全て1尺実の通りであった 児玉氏が来てカンフルを者したっ 敏子が逃げたのも木村が適当に開放して 辞去したのも線やと同じその後の僕の行動も同じ そして最も機会になるは妻のあのうは事も同じ 木村さんというイチゴが今夜も彼女の口から漏れた彼女彼女は本らも同じ夢 同じ幻覚を同じ状況のもとにおいてみたん僕は彼女に苦労されていると解すべきなので あろうか 2月9日京都市古賀別居させてくれと申し入れた理由は静かに勉強したいからがあると 言いたい y 別居するに好都合な家があるので急にその気になったのだという それは同社で彼女がフランス語を教えてもらっていたフランスの老婦人の家で今もと 施工はそのろふしに個人教授を受けているのである フジの夫は日本人であるが目下中風でが所しており個人だけが当事者に教鞭を取ったり 個人教授をしたりして夫を養っているのであるが ホットは発病して以来自宅では年子以外に政党を取らずまっパラで教授も主にしている 家は夫婦2人きりで 真っすぐは広くはないけれども夫が初産に使っていたアナライザ好きの八条が今は二 ように記しているからそこに目泊りしてくだされば 夫人も秒に乗っておいて外出するのに安心である 電話もあるしガスブロの設備もあるとしか分かれてくれれば 願ってもない幸せであると夫人の方から話があった ピアノを持ちこむのなら離れた式の床下に電話でも敷いて値段を丈夫にし電話も 切り替えができるようにし 免除や風呂場の本当の病室を通り抜けて行くようになっていて不便であるから離れから 直接 いけるようにツールをつけるそれも極めて簡単にわずかな費用で取り付けられる 婦人度留守中病人の夫に電話がかかってくることはめったにないがあっても一切不満に 付することに決めてあるからとシクはそんなことに いきいき煩わされないで良いという そういう条件で部屋代も安くするそうだからしばらくそうさせて欲しいというのである このところほとんど3日おきぐらいに木村さん書て ブランデーが始まり空亡 g はすでに2本目が空になりそのたびごとに私が風呂場で 倒れるので図書も愛想が尽きたのであろう ハリや両親の進出て時々高校と 弁当が止まったい蛍光灯ラップが輝いたりするのもカチュア機はて f 式に感じて いるに違いない ただしまったくそれだけが理由であるのか他にも私たちにししている自由があって別居 勉強をしているのであるかそこのところは何ともしれない ババアがなんとおっしゃるかあなたが直接聞いてほらう パパが良いとおっしゃれば私は反対しませんと答える feb14津村は今日妻がたい所へたって言った留守に妙な話しました アメリカにパワーロイドという写真機があるのをご存知ですか というのがあっ その写真機は映したものは即座に現像されて出てくる テレビで相撲の実写の後で洗うんさーはと陸地の解説をする時に決めての状況が早くも スチール写真に撮られて出てくるのはオーラル最も使って写すのである 調査は極めて簡単で普通の写真とと変わりはなく携帯には 便利であるストロボのクラッシュを用いれば露出時間も長木を用意しないから 三脚を使わないで失せるほっかなところ 祖父の死が丸に用いるのみで一般に普及していないな 普通の絵札方のロールフィルムに 印画紙が重ねてあるもので良い日本では手に入らず いきいきアメリカから取り寄せるのである ところで木村の友人にその機会とフィルムを持っている人があるのだが おい利用なら借りてきてもよろしゅうございますというのだッ そう言われて僕は直ちに一つの着想を想いていたら しかし僕にそういう機会のあることを教えたら僕が喜ぶ出会うということを通して木村 は差したのであろうかそれが不思議だ彼はよくよく 我々夫婦間の秘密を知っているものと思わなければならない 2月16日先刻午後4時ごろ ちょっと気になる出来事があった私は日記帳 ただ間の押入れの様ランスの引き出し私以外にはようのない 誰も触れることがない引き出しの へそ能書き可能 月母のフル手紙などの固めてある一番下に突っ込んでおいてなるべく 夫の外出の隙を狙って書くようにしているのだが 忘れないうちに書いておきたいこともあるし急に書きたい衝動に駆られることもあるの で最も外出を待っていられず彼が初産に閉じこもっている時にも書く 書斎はこの茶の間の真上にあるので音は聞こえてこないけれども夫が今何もしつつある か初見もしているか 書き物をしているか彼は彼に気をつけているかそれともぼんやり考え事をしているか などなどのことはおおよそ私に察知できるような気がするのだがそれは恐らく夫の方も 同様であろう 素材はいつも神として静かなのだけれどもしかし時々 夫がが全域を詰めて階下の茶の間に注意遅れ始めたらしく思われる ある特別に神としてしまうような気がする習慣がある 私が2回美味しいしながらひそかに日記帳を取り出して筆をとりつつある時にややも するとそういう瞬間が訪れるのであるがそれは私の気のせいばかりでもある前私は音を 立てないようにするために 西洋紙にペン字で書くことを避けかように柔らかい薄い韓非子も袋とじにした小型の 和装の凶 麺を作りそれ毛質の保存時で認めているのだ さっきは私としてついじゃないことに確保に今日が乗り過ぎてほんの12秒の間にか家 の注意を怠っていた トップのとき恋架空全館夫が音もなく便所へ下りてきてちょ お茶の間の前を指導してようしますとまたすぐに買い上がっていた 音もなくというのは私が主観的にそう感じたので夫は多分用便をする以外に他意は なかったのであろう 夫としては足を通し伸ばしたわけではなくまったく普通の歩き方で階段を下りてきたの をたまたま私が注意を逸らしていたために聞くべき京都を聞き損なったのであろう とにかく私は夫が階段を下りきったときに初めて足事に心ついた 私は食卓にもたれて書いていたのだ慌ててに貴重と やたて私はこういう場合に備えて鈴量もチーズや盾を用いているそれは父の良い死んで 倒木で作った中国製のものらしい ホット的価値のあるじゃ 手であるん 宅の下に隠したので現場は見られないで済んだ 帳面を果てて隠すときにガンピの紙を揉みくちゃにしたのでひょっとしたらあの紙に 特有が 白夜した音が聞こえはしなかったかと思う いや聞こえたに違いないと思うそしてあのーと聞けば ガンピを想像するに違いないしそうすればそれを私が何の目的で使っているかを察知し たのではあるまいかと思う 私は今ご用心しなければいけない本当に貴重の存在を嗅ぎ疲れたとすればどうしたら よいかん 今さが隠し場所を変えたところでこの狭い室内のどこへ隠しても発見されずに済むはず はない 唯一の方法は夫の在宅中は私も務めて家を空けないようにすることである 私は近頃頭の重い日が続くので入れのように頻繁に外出することはなく に子宮の買い出しも大概と四国あああーーやにあかせているのだ 実は木村さん木 朝日会館で赤と黒を上演しているのを見に行きませんかと この間から誘われているのであるいきたいことは行きたいが何かそれまでに対抗策を 考えておく必要が 月18日昨夜で僕は妻の木村さんと融合 耳にすることが4回に及んだ もはやあの奪うことは小屋事を装っているのであることを疑う余地がなくなった とすると何の目的でさようなことをするのであろうか 私は本当は眠っているのではない眠ったふりをしているのですよということを分からせ ているのであるとしてもそれは私は攻めて相手をあらだと思いたくないのです 木村さんだと思いたいのですそうしなければ環境が湧いてこないのだから結局はそれが あなたのためでもありますという意味なのか これもやはりあなたを嫉妬させて刺激を与える手段などです私はどんな場合でも常に ホットに忠実なる妻である以外の何物でもありませんという意味なのか 敏子が今日いよいよべっ今日を決行することになって マダム岡田の家2匹を釣った 風呂場とあなら家と農家で繋げるととピアノの床下にレンガを積む講師はあらかた 終わったら電話の切り替えがまだであるし 100ねー 枚悪いから21日の大安まで町朝日と着実いく強いっていたら とシクは必ず行ってしまったピアノだけは運搬の都合で23日遅れるが他のに持ちは 木村が手伝いに来てだいたい運んだ 昨夜の今日で威嚇は令により家さあまだ昏睡していた 夕方に行ってようやく起きたので引っ越しの手伝いはせずにしまった 場所は田中関田町であるからここから歩いて56分のところだ 木村ば間借りしている百万遍の近所で たらカモン前兆であるから この方はあっ 関田町に一層近い木村が手伝いに来たついでに よろしゅうございますかと階段の途中から声をかけて上がってきて素材に入りお約束の シェアを持ってきました と おらロイと思いていた 19feb としこの心理状態が私にはつかめない 彼女は歯を愛しているようでもあり逆に組んでいるようでもある なが少なくとも彼女が父を憎んでいることは間違いない 彼女は父母の警棒関係を誤解し生来淫蕩な体質の持ち主であるのは父であって派では ないと思ってい てらしい 母は生まれつき戦略が等で過度の無事には耐えられないのに乳嬲りあるに言うことを きかせ 状況5したよほど不思議な角度夕陽にふけるので心にもなくあはそれにしづられている のだと思っているらしい本ともいうと私は彼女にそう思わせるように仕向けたのである 昨日彼女は最後の技持ちを取りに来て進出へ挨拶に見えたときに 馬場に殺されるわよ たった一言警告を発していっ 私同様沈黙主義の彼女にしては珍しいことだ 彼女は私の胸部疾患がこんなことから悪化してをものになりはしないかを密かに心配し ているらしくもあるのだ そうしてそれゆえに地上に組んでいるらしいのだがでもその警告の言い方が妙に私には 1-悪い毒と嘲りを含めた言葉の よくに聞こえた 娘のみとして歯を案じる暖かい気持ちから言っているようには受け取れなかった 彼女の心の奥底には自分のほうが歯より20年も若いにかかわらず 要望地帯の点において自分が母に劣っているというコンプレックスがあるのではないか 彼女は最初から木村さんは嫌いだと言って良いかなっ [拍手] ジェームススチュアート木村さんというふうに気を回してことさら彼を嫌っている らしく装っているので本心は反対なのではないか そしてないない私に的おいら術あるのではないか 私はできるだけ家を空けないことにしているけれども1どんな事情で外出の必要に迫ら れることがあるかもしれず もっとも授業中であるべき時刻に突然帰宅することがないともかぎらずいかにに行く丁 を所持しておくべきかについていろいろ考えた 隠しても無駄であるとすれば私の留守に夫が果たしてあの内容を盗み読みしたかどうか も 止めて確かめる方法だけは講じておきたい 喋って私はホッとが内緒で私の日常に目を通したかどうかを知るだけは知りたい 私は何かに不調に目印を付けて僕夫が内緒で中をのぞいたか否かは目印を見れば分かる ようにしておくその目印は私にだけは買って彼には分からないようなものであれば一生 良い いや彼にもわかるようなもののほうがかえってよいのではあるまいか 自分の盗み読みしていることはつまり知られたと悟れば イオンを盗み読みすることを慎む結果になりはしますかどうだか怪しいものだけれど まあいずれにしてもそういう目印を考えることは容易でない 1回は成功するかもしれないがたびたび同じ方法を用いれば裏をかかれる恐れがある 例えば爪楊枝お 1ページ目かに挟んでおいて開けると粗利と落ちるようにしておく 1回はうまくいくとして2回目からはホットはその妻余地も落とさないように取り扱い それが何ページめに挟んであるかを勧請して元の通りに戻して僕であろう ホットはそういう点は実に陰険なのである そうかといって一回一回新しい方法を排出することは不可能に近い 私はいろいろ考えて試みにスコッチ印のセロファンテープの600バンボ 適当の長さを測ってみたら5センチ3ミリあった 日記り表面上面の表紙のある一箇所を選んで表と裏等そのテープで封してみた その1は点から8センチ1尾 期から7センチ5ミリのところであったらテープの長さや r 1はその都度少しずつ 変える必要が こうすると中を読むためにはテープを一度合わさなければならない 一度はがしてまた新しいテープを同じ高さに切り 同じ位置に正確にあっておくということは理論上できなくはないにしても実際には とても面倒で半差でできるものではない それにテープをはがしとるときにどんなに注意深くしても周囲の表紙の表面 に着火した後残すことになる 高知号にも私の日記帳の表紙はもむけやすい 本書に5分を塗ったような髪なのでテープを剥がすとそれと一緒に周囲の表面の所々 33ミリぐらい剥ぎ取られてよくこの方法を用いると夫は絶対に痕跡を残すことなく 愛用を読むことはできない 二月二十四巻としこの別調以来 木村は遊びに来る表向きの口実がなくなったわけだけれども 相変わらず23日おきに来る僕の方からも電話をかけるとしかも日に一度は顔を見せ てるらしいが なが長くはいないオーラロイドはすべき 2番塩した写真は全裸体の正面と背面 各ブーンの詳細5いろいろな形状にしを歪曲さでワンクッ然是 持ったり伸ばしたりして最も強く的なる角度から撮った僕がこれらぼ取った目的は何に あるかというと 第1話撮ること自体に行き 込みを感じたからだ 寝ているもしくは寝ているふりをしている4台は自由に動かして 出資な事態を作ってみることに愉悦を覚えたからだ 第二の目的はこれらを僕の日記帳に添付しておくことだ そうすれば妻は必ずこれらの写真を見るに違いない そうすれば彼女は今まで彼女自身気が付かないでいた部分の彼女の肢体の日を発見し そして驚く日記 違いないん 第三農目的はそうすれば彼女も僕がいかに彼女の裸体を見たがっているかの理由を開始 僕に行っ東巻むしろ感激するであろうからだ アウトし56歳のポットがし15体の妻の裸体に各も憧れるということは 店のことなくそれを考えてみるがよい 第4の目的はそうすることによって彼女を極度に辱め 彼女がどこまで白ボキっていられるかを試してやりたいのだ この写真機はレンズが暗くレンジファインダーがついていないので目測で移さなければ ならず 僕のような未熟なものが撮ったのではピンボケになりやすい それにポーラロイド用のフィルムの最近は非常に観光どの優れたものが出ているそうだ けれども日本ではちょっと入手混乱だショー で zeebra が持ってきたものは期限の切れた full film であるから良い結果が得られるはずはない 11フラッシュを用いなければならないことも厄介で不便だ この機会では僕はわずかに第1と第4の木て教 満足させ得るにすぎないのでまだ今のところ 添付することを見合わせた いる 2月27日に中だというのに 木村さんが朝9時半に赤と苦労見に行きませんかといってやってきた 今は大学志望の学生たちが入学試験の準備に追われているので 教師たちも相当忙し 3月になればかえっていくらか暇になるが今月は週に何回か格好に残って補習授業をし てやらなければならない 宿に帰ってからの時々学校以来の学生で特に木村さんに指導を仰ぎにくるものもある 木村さんは感が良くて山を立てることが明治で木村さんがことを持ったところはきっと 試験に出るのだという 彼のそういう勘の良さは私にもわかるような気がする 各者のことはどうかしれないが間では私のってなんかとても木村さんの足下にも及び そうもない そんなわけで今月はに強だけが一番ゆっくりできるのだそうだが道をは夫が朝から家に いるので私の外出には都合が悪い 木村さんは吉良家に年子に声をかけてきたのでと事故もあとから誘いに来た 自分は一緒に行きたくはないのだが二人では具合が悪いだろうからあなたために犠牲に なって付き合ってあげるといったような顔をしている 市大字約行かないと席がありませんからねと木村さんは言う 俺は12 c 会にいるよ買わないから行ってきなさい 赤と黒編みたいと言ってたじゃないかドットが側から子宮に進める 夫の勧める理由は分かるがこういう場合のことも考えておいたのであるから ちゃん人で出かけることにした10時半に入場し午後1時過ぎた以上 昼の食事によるように行ったけれども2人とも宿へ帰った 夫は1日家にいるといった9席私が戻ると入れ違いに 3時ごろから夕方まで散歩に出かけて帰らなかった 私はホットが留守になると早速日記帳を取り出してみた zero1テープはだいたい元の位置に発展表紙も一見擦り切れたアドがなかった 拡大鏡を当ててみるとかすかに三か所傷のあること よほど注意深く剥がしたと見えるが多い各種べくもなかった 私はイラン柄柄をしてテープのほかに内部にも何枚目ということを数えて商用時 or 山でおいたがそれも前と違った場所になっていた 今はホッとがこの日記帳を盗み読みしたことは疑いない すると私は今後日記をつけることを継続すべきであろうか 注視すべきであろうか私は自分の胸中を他人に語ることをしないが故に自分自身にだけ 語って聞かせるのが目的で日記をつけ始めたのである 今や他人に読まれていることが明らかになった以上 中止すべきであるようにも合うけれども他人という中夫であり表面はどこまでも互いに いない建前になっているのであるから やはり継続してしかるべきであるように思う つまりこれからはこういう方法で関節に夫にモノを言うのである 直接には恥ずかしくて言えないこともこの方法でなら言える しかしくれぐれももっとが内緒で読むことは仕方がないとしてそして選んだということ を露骨に言わないでもらいたい もっとも彼は読んでも読まないふりをする人だからそんなことを断る必要はないかも しれない 次にホットはどうであろうとも私は決して夫の日記帳を読んでいないことを信じて ほしい 私が歌って旧式だ仮にも他人の式などを盗み読むことのできるような育ち方をした女で ないことは誰よりもっとがよく知っている私はをどのに貴重なあり彼は知っており時に はそれにそっと気を振れたこともあり 丸には 中を開けて見たことさえもんないではないが文字は一時も読んだことはない それは本当のことなのである 2月27日やっぱり推察通りだった こちらは日記をつけていたのだ僕は今日まで わざとこのことを日記に書かずにいたのである実は数字つ前に薄々気がついたのだった 先日の後便所へ降りて茶の間の前を通った時 なか暮らしの中を覗くと妻が不安定な姿勢で 食卓に保たれていたその前に僕はランぴのような紙が急にくしゃくしゃともみくしゃに される音を聞いた それも1枚や2枚ではないおそらく一冊に土地た厚みのあるものが慌てて荒々しく 座布団の下か何か会を視覚される音であった 僕の過程でガンピを使うことはめったにない 僕は妻がかさばらないで音のしないあの紙を 何の用途に使っているかを直ちに想像することができた でも今日まではそれを確かめる機会がなかったら今日彼女が映画を見に出かけた 間に茶の間を探して容易に探り当てることをエイター ところがなんと驚いたことには 早くも僕に嗅ぎつけられることを予想してそれファンテープで封地であるのだ バカなことをする音馬である彼女の2外部回路には呆れる 僕は女房の日記といえども無断で読むようなことをする卑劣漢ではない 夏意地悪な気持ちが起こってテープを上手に痕跡をとどめることなく 剥がすことができるかどうかを試してみた 僕は彼女にテープではダメだぞ女物では知らないうちに 盗み読みされるぞもっと他の方法を考えろと注意してやりたくなったのだ 結果はしかし失敗だったさすがに彼女の計画の綿密なのには恐れ 僕は十分注意深くはがし取ったつもりであったが 表紙に後をつけてしまった結局アレを彼女に悟られることなしにはがすことは不可能で あることが分かった テープのスーパーも測ってあったに違いないと思うが うっかり丸めてしまったので調べることができない 目分量で同じくらいの寸法のテープでまた封をしてました 彼の彼女が心付かずにいるはずはないしかしくれぐれも断っておくが僕はふあきった けれども中を開いてはみたけれども 餅は1 気も読みはしないあんな細字で書いてあるものを禁断の僕が読むだは辛い それは信じてもらいたいもっとも僕が止まないと言えば言うほど アウターに選んだと思うのが彼女なのだ読まないでも読んだと思われるくらいなら 選んだ方が良いようなものだそれそれでも僕は断じて読まない 僕は実 彼女は日記2木村に対する心持ちをどんな風に告白しているかそれを知るのが恐ろしい のだ ikuko よ願わくは一気にそれを書かないでくれ 僕は盗みを実はしないけれどもそれにしても本当のことは書かないでおいてくれ 嘘でも木村は刺激たいとして利用しているに過ぎずそれぞれ以上の何者でもないとして おいてくれ 車木村が行く後衛がに写像いたしに来たのは枯れて僕が頼んでおいたからだ 僕はこの頃僕の大沢の時に妻が外出していることが少ない 幼児はすべてまあ家に言いつけている どうも変だと思う事があるから彼女を連れ出してみ3時間過ごしてきてくれといった からだとし口も一緒について行ったのは今までの関連に寄ったのだろうがそれにしても 彼女 気持ちを回数に苦しむ 敏子は母親に入って青や以上に複雑なところがある 思うに彼女は世間の多くの父親と違い 僕は彼女よりも彼女の母熱狂的に愛しているらしいのに糞盤を感じているのではないか もしそうならばそれは誤りで僕は彼女は同等に反しているのである ただ愛し方が全然違うだけなのである いかなる父親も自分の娘を放ちックに会いする奴はいない いつかこのことは敏子に説明してやらねばならない 今夜はとしこの別居後初めて4人で夕食の卓を囲むだと施工は先に猿爪はブランデーの あと例のごとくになった夜遅く 木村が去るとき僕はポーラロイドを返した 現像の面倒がないという長所はあるけれども フラッシュを用いるのが手数で春死やはり普通の機械の方が取る良い 家にある twice 遺恨を使ってうつしてみようかと思う と言ったら現像は外へお出しになるのですか と彼が利いた僕はそのことをシュシュ考えていたのだ 君が自宅で現像してくれるわけにはいかないだろうかといったら 木村ちょっと困った顔してはたくて現像なしたらいかがですと言う 君は僕が何の写真を撮るのであるかわかっているだろうねえと言ったら よくは存じませんけれどもという 人に見られては困る写真だが僕が自宅で現像するのは加えが悪 引き伸ばしもしたいと思うのだが家に1質を作るに適当な場所もない 君のいわゆる宿に作ることはできないだろうか 君にだけは見られても仕方がないといったら 場所はないこともありません宿の主人に話してみましょう という 2月28日朝8時 繋がまた昏睡中に木村が来た投稿の途中に寄ったのだと言う 僕もまだねどこにいターン彼の声がするので起きて茶の間に入ると先生 ok ですという何のことかと思ったら暗室のことであった彼の宿には近頃 を立てないので風呂場が入っているからあそこを使っても構わない あそこなら 水道もチャンチャン使えるという早速その手配をしてもらうことにした ジャン月3日 木村は4件で忙しいというのに僕以上に熱心である 昨夜僕は長いことを使ったことのなかった離婚を取り出して36枚のフィルムを一夜に 全部移してしまった 鍵朗読所の4 ちゃん月3日 at 10まで 強度草の子 ちゃん月3巻 木村は危険で忙しいというのに 僕以上に熱心である 着や僕は長いこと使ったことのなかった いコンボ取り出して36枚のフィルムを 駅やに全部移してしまった 木村は今日また何気ない容姿で行ってきた そしてよろしゅうございますかと書斎に入ってきて僕の顔色を見るのであった 正直を言うと僕はこの現像を木村に移植すべきであるか否かについて その時までなボケしかねるところがあった 彼はいくこの裸の主体をすでに度々見ているのであるから他人に移植するとすれば彼を おいてほかにない 彼といえども順次的に部分部分後 切られちらりと見ているに過ぎず様々な角度から強く的な姿勢のところをしみじみと 眺めた事が ないのである そういう彼に移植することは彼もあまりに刺激することになりはしないかと 彼がそこまでで踏みとどまってくれれば良いがそれ以上のことが起こる 懸念がありはしないかそうなったときにそれを挑発したものは誰でもない僕であったと すると責められて良いのは 僕の身である 彼には責任はないことになる ところでまた繋がその写真を見せられた場合のことも考えてみる必要がある まず何よりも彼女は夫が自分の知らぬ間にそんな写真を撮り しかもそれを他人に建造させたことも憤る あるいは憤るまでもすることはたしかネガる次に彼女は自分の恥ずかしい姿を木村に見 られてしまった以上 しかもホットがそれをさせたのである以上気分は 木村と府議をすることをもっとに許されたも同然であると考えるに至るかもしれない 因果なことに僕はそこまで想像するといよいよ たまらない嫉妬を感じその嫉妬の快感のゆえにあえてその危険を冒してみたくなるので あった 木は火を消してき裏切っ ではこの現像を頼んでたに誰にも見えないで全てを決め切ってしてくれたまま 検討したのを1を見せてもらった上で中から面白いものを選んで絵札方に引き伸ばして もらう 江村は雷真甚だしく興奮していたに違いないだ はぁ と言って勤めて無表情を装って行商してさっ ちゃん月7日 パター書斎の書だがまぁいいか車落ちてきた 今年になって2度目であるこの前は正月4日なぁさであった おっとなるしに招致に入ったら数社の活けてある 一見出しの前に落ちてきた 今朝はロウバイの花がシーズンでいるのに心ついて 侘助椿食い気変えようと思っていったあの時と同じところにあのカギが落ちていた これは理由があるなと思って引き出しを開け 夫の日記帳を取り出してみたらなんと私がしたのと同じようにテープで封がしてあった これは夫がぜひ開けてみろということをわざとハンターに入っているのだ 夫の日記帳は普通に学生が使うノートブックで表紙は2弦の熱い生推しであるから私の よりは剥がしやすいように見えた 私はこのテープをうまく痕跡をとどめないようにはがすことができるかどうかを試して みたい好奇心だけに絡めて まったくただその好奇心を着て話してみた ところがいくら調子に剥がしてもやはり微かながら後席あの頃 あるあっちょいっちゅうの方へ紙でもどうしても多少の実がつく テープの洗ったところだて日方が残るのなら良い話教師に周囲に傷が広がるので誰かが 開けたことはおおい隠しようもない 私は新しいテープをまた貼っておいたけれども夫は当然それに心付いて 私が中を盗み読みしたと思うことは疑いない しかし私は行く度も言う通り内容は一時も読んでいないことを神かけて置換 夫は私が y 談も聞くのを嫌がるのでああいう形で私に話しかけたいとが本位なのか もしれないと思う それ故にこそなおさら私は読むのをいとわスク 汚らわしくさ用語 私は夫の日記帳急いでサッと開けてみて厚みがどのぐらいにたしたカブ図る それももちろん好奇心からである私は目を持ってホッとのあの非常に線の細い 神経質なペンチが性急に走っているページメンボ をあれが這う飲めるように見るだけですぐページおっしゃる さぁ今日は頁面に何かわいせつな写真らしいものが何枚も貼ってあるのに気付いた 私は慌ててメモ等いつもより一層急いでページ簿センター 第あれは何だったのだろうあんな写真をどこから持ってき 何の目的であったのだろう 私に見せるのが目的なのではあるまいか あの写真に家されている人物は誰なのだろう 特選私にある甚だ厭わしい想像が浮かんだ の間14なんか 私は夢の中で時々室内が時は彼にパッと明るくなったような感じを以来たことが維持 2度あった とっ当時私は誰かがフラッシュを用いて私を撮影しつつあるような減塩を見ているのだ と思っていた その誰かは夫であるような気もしたし木村さんであるような気もしたこともあった しかし今考えるとあれば夢や県営ではなかったのかもしれない 事実は夫がまさか木村さんであるはずはない 私を移していたのかもしれない そういえばいつぞやお前はお前自身の身体がどんなに立派で美しいかということを知ら ずにいる 一度写真に撮って見せてやりたいねと言っていたことがあったのを思い出す キッカーの写真は私を撮ったものなのだ 私は時々本水中に自分なら単にされることをボンヤリ感じている 今まではそれも自分の妄想ではないかと思っていたけれどももしあの写真が私のもので あるとすればやはりリースだったのである しかし私は自分が目覚めている時には許すわけにいかないけれども知らないうちに移さ れるなら許しても差し支えないと思う 浅ましい趣味ではあるけれども夫は私の裸体を見ることが好きなのであるからせめて夫 に忠実な妻の務めとして知らないうちにはらかにされることぐらいは 人台しなければ いけないと思う これが封建時代の貞淑な女房であったら妻が夫の命に服するのである以上どんなに今は し いやらしいことであっても進んでい付に従ったである星 従わなければならなかったであろう まして私の夫はそういうキチガイじみた遊戯によって刺激を受けるのでなければ私を 満足させるような恋を成し得ないのであるとすればなおさらである 私は義務を果たしているのみではない 一面私は貞淑で従順になる妻であることの代償として私の限りなく旺盛なる 淫欲を見たさせてもらっているのである それにしても夫はなぜ私をラタンにするだけで誰1せずそれを写真に撮った上 おそらくは私に示すのが目的でその写真を引き伸ばして帳面にあったりするのであろう か 極度の淫乱と極度のハニカミとが一つ心に同居している私であることを最もよく承知し ている夫ではないか そうしてまた夫はの引き延ばしを誰に依頼したのであるかっ ああいうもの他人の目に触れさせてまでそんなことをする必要がどこにあったのである かそれは私に対する単なるいたずらかそれとも何か意味のあることなのか いわたしのお上品趣味を冷やかしている夫として私のつまらないハニカミ癖を矯正して やろうという意図なのか 3月10日こんなことをここに書いて良いか悪いか 妻がこれを選んだバーにどんな結果になるか疑問だが 僕は白状するとこの間から心身にある種の異常をきたしつつあるような気がしている 気がしているというのはそれが そんなに 大したことでもないの移動時にすぎないようにも思えるからだ ない僕は必ずしもあの方の勢力が巨人に踊っていたわけではない 充電イオ妻の度外れて豪勢な請求に応じる必要があったために早期に勢力を消耗し 尽くし 今日ではあの方面の欲望が甚だ 魅力になってしまった 欲望は大いにあるのだそれをそれを裏付ける体力が欠けてしまったと言った方が良い そこでいろいろ不自然な無理な方法で敷いて感情に刺激を与え かろうじてあの量的に絶倫な妻に対抗している次第だが こんなことが果たしていつまで続くであろう彼と僕は時々恐ろしくなる 以前この10年間くらいはボクは常に妻の攻撃に圧倒され続けていた 意気地なしの夫であったのに最近の僕はそうでもない 今年になってにわかに木村という刺激帯を利用することを覚え やんでぇというようやくを見つけ出したおかげで 目下のところ僕は自分にも不思議なくらい音声な欲望に駆られている その上僕は勢力の呼吸をするためにそうな博士に相談しだいたい月に1回 男性ホルモンのでもを用いているのだがそれだけではまだ不足な気がし 4脳下垂体前葉ホルモンの500単位を3日か4日おきに駐車している これは相馬市には内緒で自分で施しているのである しかし自分が珍しくもかように旺盛な状態を維持し得ているのはおそらく 薬剤の効き目よりも主として精神的興奮の力締めるところであるで違いない ヒットが醸す激しい情熱妻の全体を思う存分見ることによって加速度的に促進される性 の衝動 そういうものがとどまるところを知らぬまでに僕を狂気に導いているのである さしあたりは妻よりも僕のほうがあるかに品トナー男気だった 僕は僕はよないような 自分が勝ちて夢にだの想像したことのなかった本悦境に浸りつつあるのを持って自分の 幸福を感謝しないではいられないが同時にまたこんな幸福がいつまで続くはずはない いつかは幸福が来るのである自分は国に命を削りつつあるのであるという予感もして いる 間にその報復の前触れではあるまいかと思われる現象が精神と肉体との両方面にすでに にさんにとどまらず発生しつつあるのを感じる この間先週の月曜日の朝木村が同校の途中だと言って立ち寄った日の朝であった 僕は木村が来たのでベッドから起き上がって 茶の間へ行こうとしたのであったがそのとき奇怪なことが起こった 起きたとたんにそのあたりにあるすべての物証がストーブの煙突 生じくすまらんま柱などなどの線がかすかに二重になって見えた そろそろ歳のせいで目がか積むようになったのかと思って一生懸命目をこすってみたが そうではないらしい 何か資格2位 ような変化が起こったのであるらしい 今までにも夏になると脳貧血を起こして軽い 芽生えを感じることは時々あったらそういうものとは明らかに違う ライナー方以外に3分間で平常に服するのだがいつまでたっても物が二重に見えるので ある 庄司の車便所や風呂場のタイルの目地 それらすべてに12名かつ少しずつ歪んで見える その重なり具合や歪み具合はごくわずかで動作に不便を感じるほどのことはなく人に人 に気づかれることもないので今日までそのままにしているが話から ずっと今もその状態が続いている 不便や苦痛はないというほどのなんとなく君が悪いことは否定できない なんかへ行って診てもらおうとは思っているが単に 目だけの故障でなくもっと致命的なところに病原が合うような気がして行くのが怖くも ある それにこれは多分半分以上神経の仕業だと思うけれども時々体が急にフラフラとして号 多いしない右か左かどちらかへ倒れそうになることがある 平衡感覚をつかさどる神経はどこを通っているのかもしれないがいつも江東区のところ ちょうど 青キジ の真上のところに空洞が生じたような感じがしそこを中心に体が一方や傾くのである こんなことはノイローゼ的現象だと思えばこ燃えるのであるが 昨日もう一つ不思議な事が起こっ 午後3時ごろ木村に電話をかけようとしたら毎日のようにかけている彼の学校の電話 番号がどうしても浮かんでこない と忘れということはあるがそれはそういう和製形ではなく完全な記憶喪失にいた忘れ方 であった 極板も曲名もすべてが思い出せないのであった 僕は驚き一括慌てた試みにその学校の校名を思い出そうとしてみたがそれもだめであっ た 最も驚いたのは木村は木村なんという声明であったかと考えてみたらそれも思い出せ なかった 家に使っている場合やの名前もダメであった 6の妻の名前がいいここで娘の名前が年子であることはさすがにはずれていなかったが 亡くなった妻の父の名前 母の名前は浮かんでこなかった 確か部屋狩りをしている家の名前もそれが日本人を夫に持つ フランス婦人の家でその人は同志社大学の フランス語教師であることは分かっていたが名前はどうしても出てこなかった 裸足きなこの家の初代市の町名が作曲という言葉ではわかるが 吉田星の宮調という名が出てこなかった 僕はないしに気丈な不安に襲われた文字この状態が持続しかつその程度が山時に更新 するとすれば だがやがて僕は大学教授の職に耐えなくなりはしないか それどころか36で外出することも人と応対することも不可能になり結局 廃人になってしまうのではないか ただし現在のところでは記憶喪失といっても思い出せないのは主として人名や地名で あって 事柄を忘れているのではないそのフランス人の名前は思い出せないけれどもそういう 増やす人がいることその家にと事故が上がりしていることは分かっている つまり頭の中の人物山ののメイションを伝達する神経がまひしたのみで近くや伝達を 司る組織全部が麻痺してしまったわけではない 幸いにしてその麻痺状態に置かれていた期間は ものに30分に過ぎずまもなく遮断されていた甄嬛の通路が復旧し 失われた記憶が戻ってきてすべてが平成の同時になった そのが僕は果たしていつまで続くか分からない不安を密かに堪えつつ何も何も語らず 気疲れもせずに過ごしてしまった そしてそれ以後は何事もなく無事に過ぎているのであるがいつ何時再び ああいう状態が襲ってくるかもしれないという不安 その状態がに30分でなく一日も2日の1年も2年も ことによれば一生つことがあるかもしれないという不安は今もなお消え去ってはいない つまま俺を呼んだ としてどういう処置に入ってるであろうか僕の将来を慮って 今後は行動に幾分の制御を加えるであろうか 僕の推測する限りではおそらくそんなことはあるまい 彼女の理性は制御を命じたとして彼女の飽くなき 肉体は理性の間に耳を貸さず僕の口雨つに追い込むまでも満足を求めて邪魔ないで あろう 何冬のだ夫はこのところだいぶ好調が続くと思ったらとうとうたまりかねて降参するの から 攻撃のでも少し緩めてもらうためにそんな脅かしを言うのから 裏に彼女は思うかもしれない されよりも何よりも今のところ僕自身が自分を制御できなくなっている 僕はもともと病気に対して大胆な方ではなく作る 奥様なのであるが温度のことに関しては56歳の今日に至って初めて 生きがいを見いだした心地であるである点では彼女以上に積極て 木ちょっとつ的になってい 図中4日午前中夫の留守にと4区を愛してママに話があると言った 何か真剣な顔を知っている 何の話かと聞くと昨日木村さんのところで写真を着たわよと私の目の中ボチッと見つめ た そう言われてもまだ私には分からなかったので取り返しと 私はどんな場合が学び方よ本当のこと言ってんという 昨日木村さんにフランス語の本を借りる約束をしていたので通りかかるに寄った 木村さんは留守だったけれども入って言って書棚からその本を抜き取ったら中に数8の 絵札が他の写真が挟んであった マナありましたどういうふうにというのだった 元のことかわからなというとなぜ私は隠しなと言う 私はこうよそその写真というのは先日夫の日記帳に貼ってあったアレと同じものなので ある そしてそれはやはり想像した通り私の浅ましい姿を撮ったものなのであろうという言葉 では察しがついた 何と言って敏子に説明したものか急には返答ができなかったと4区は実際の事実よりも もっと ずっと悪質なよほど深刻な事件が伏在しているように思っていることは終了できた おそらく敏子はその写真は私と木村さんとの間に不倫な関係が存在することを示す以外 の何者でもないと返しているであろう 私は hot と木村さんのためまた私自身のために直ちに 釈明のローを取るべきであったら技術をありのままに述べたとしてもよろしくまとしこ がそれを素直に受け取ってくれるかどうか疑問であった 私はしばらく考えてから行った ありうべからざる事のようだけれども私は実は世の中に私のそういう 恥ずべき姿を撮った写真があるということを今あなたから聞かされとかでは確かに知ら なかったのだ もしそういうものがあるとすればそれは私が今週している間にパパが撮影したもので 木村さんはその源蔵馬場から依頼されたにすぎない 木村さんと私との間には断じてそれ以上の関係はない またがなぜ私を昏睡させなぜそんな写真を撮り なぜその建造を自分でしないで木村さんにやらせたか などの理由は所蔵に任せる 現在の娘の前でこれだけのことを口にする際私には忍び方 もうこれ以上は聞かないでほしい ただすべてはパパの命令に従ってしたことであり私はどこまでもままに忠実に仕える ことを妻の任務と心得ているので嫌々ながら言われるとおりにしたのであることを信じ てほしい あなたには理解しがたいことかもしれないが旧式な道徳ですなってきたまま こうするより他はないのである ママの裸体写真がそんなにパパを喜ばしのなら ままはあえて恥を忍んでカメラの前に立ちであろう まして別人ならぬ馬場自身が捜査している カメラである ラマナ本気で言ってると敏子は呆れた動きよと言うと 私はマナを軽蔑する 2分前たる語調で行った 私は敏子おごらせるのは少し面白くなってきたので幾分感情を誇張した君もあった まあテーションの期間というわけ ドットシクは悔しそうな顔に冷笑を浮かべた 敏子には馬場が現像を木村さんに託した心地状態がどうにも不思議でたまらないらしく 理由なくままを辱め木村さんも苦しめたと言ってまたを非難してやがないので そういうことに娘が立ち入ってもらいたくないん 私はいっ 方がままを辱めたとあなたは言うけれども 果たして辱めただろうかままあそは感じていない私は行ってあった パパらまだを今も熱愛しているのである またはママの肉体が年齢の割に若くて美しいことを誰か自分以外の男性に見せて確かめ たい気持ちがあったのだと思う その気持ちは少し強敵かもしれないけれども私にはわかる 私は夫を擁護する必要を感じたので 言いにくいことをかなり焼酎にうまくいったつもりである 私の日記を盗み読みするに違いない夫はここ読んで私がどんなにもっとをかばうために 苦心した花を挿してくれても良いと思う ではそれだけの気持ち頭だから 木村さん生のをどう思っているか知っていながら自分史が悪いのねー あと4個はいった 私はそれには答えなかった 芳子は木村さんがあの写真をあの本の間に挟んでおいたのは木村さんのすることだから ただの不注意とは 思えない 何か理由があるような気がする敏子に何かが役目を負わせるつもりかもしれないと言い 木村さんに対数彼女の観察を色々ノベルところがあったがそれはここに書かない方が夫 のために良いと思う 三勝18日佐々木の記帳祝甲斐があったので 10時過ぎに帰宅した妻は夕刻から外出中とのことであった love 体がに出かけたのであろうと冊子 書斎で日記をつけていたが11時過ぎても戻らない 11時半に年個からでもでパパ ちょっと起点というどこだというと 関田超よという ママはというとここにいると言う もう遅いから変えるように言いなさいこちらはバーやが今帰ったので僕一人だ と言うと急に電話口で声を沈めて から席ダチョウの風呂場で倒れたが4これは先生を呼んではよくて という そこに誰と誰がいいのだというと 32よと言う 説明は後でするはとにかく注射を急いだ方がいいと思う パパが来られないなら来たの先生に来てもらえます 大会 小田正さんは呼ばないでもいい僕が駐車している お前がこっちへるす板に恋 僕は昨今下手還付の注射液を絶やしたことがないので家を空けたままとしこの来るのを 待たずに出かけた こんな時に先日の記憶喪失が襲ってきはしないかという恐怖が ちらと脳裏をかすめた目 僕は席ダチョウの家の所在は分かっていたが中へ入るのは初めてだとし子が門の前に 立っていて岩からすぐにあなら座敷案内し では私は留守ばに入っていますと言って出てい 頭のご心配おかけしました木村があいさつした 僕は木村にはなんの説明も求めなかった 木村の方からもそのことについては一言も言い出さなかった どっちもバツが悪いので急いで注射の容易にかかっ ピアノの前の畳の上に寝床がとってあってつまら静かに寝かされていた その側のちゃぶ台が杯盤狼藉と鳥散らかされていた 枕元のかベル妻の外出用の衣服が 敏子が洋服をするのに用いる増加やリボンの飾りのついたアン元にかけて釣ってあって 今は長襦袢一つで寝ていた ツナは年寄りもハゲ好みなのだがその名が地盤は ことに行けば詳しい感じがしたいっ 以上だ時と場所のせいで特にそう感じたのかもしれない 脈拍は いつもこういう場合の脈絡と同じであっ 王将さんと二人でここまでお連れしました だけ木村が入った 体は一通り吹いであったがまだ体中に湿り気があり 長襦袢がべっとりとしていた 長襦袢の紐が結んでなかった 一つ変わったことは神が解けてみられていて 襦袢の衿がひどく濡れていた 今まで自宅の浴室で倒れた時は神は常に束ねてあってこんなにおどけていたことはない これは木村の染みたのかもしれないと思っ 木村ばこの家の買っても心得ているらしく 浴室から千年紀その他を運んだり湯を沸かしたり 注射器の消毒を手伝った ここに寝かしてんおくわけにも行かないと 約1時間後に僕が入った 母屋は早寝でマダムは何も知らないようです 木村が入った 脈はだいぶよくなっているので連れて帰ることにし 木村に自動車を呼んでこシャッター そこまでもを振っていきます時村が入って背中を出した 僕が妻御滝起こして長襦袢のままで木村の背に乗せ アンガーの着物と煽りを外して上から着せた今も横切って盆前の自動車のところまで 行き2人がかりで車に入れた 小型の60円の車だったので木村が前にかけた ブランデーの匂いが地盤や衣装にシミ通っていて車の中がむせ返るようだ 僕は唾を横だけにして腰掛けデビューした彼女の髪の中に自分の顔を打つ目 その足を握りしめかつ折半した 木村には見えないはずであったがヘ取ったかもしれない 木村は進出まで手伝って運んだから 車線親の事は私お越しになってください お嬢さんはすべてご存知ですといっ 帰ってもよろしゅうございますか と言うからあ とだけ答えた 木村が去ってから年子が敏子が留守番もしていてくれたのを思い出して 茶の間やとしこの部屋行ってみたがもういなかった 全国宣告僕らが威嚇を自動車から滝下ろした時は玄関にプロしたようであったが 僕らと入れ違いに痛がって席が長へ帰ってしまったらしい 僕はいったん書斎に上がりとりあえずくんやの 今までの出来事を急いで日記に書き留めた だった 鍵協力その後



Description:
More from this creator:
△連続編集,「鍵,2,」谷崎潤一郎,作, 朗読4-5,※旧式録音改善編集にご協力いただける方、お知らせください。
Disclaimer:
TranscriptionTube is a participant in the Amazon Services LLC Associates Program, an affiliate advertising program designed to provide a means for sites to earn advertising fees by advertising and linking to amazon.com
Contact:
You may contact the administrative operations team of TranscriptionTube with any inquiries here: Contact
Policy:
You may read and review our privacy policy and terms of conditions here: Policy