白馬岳 大雪渓のここが危険!初心者の方ご注意ください。

by: Back-Country Movies バックカントリー穂高 登山

Download this transcript

Transcript:

[0.44]
[音楽]


[0.44]
ああああああ ああああああ


[7.34]
皆さんこんにちはバッカンという果物です今日はきた流布のまあ登山を目指されている 方で その中でもですね白馬だけ白馬岳と思いますけども白馬だけの大雪渓 皆さん終わりの大雪渓の番をされる場合に一つですね非常に高危険な部分というのが ありましてそこを気をつけていた 抱きたいところを言ってんご案内しますのでその大雪渓を登ろうという きた計画を立てる方はちゃん購入してください まずですね大雪渓設計上っていうのは彼にのど真ん中にあります 要はやまりですね息が降ってそれがですね流れとかで集まってくる たにょきが here に溶けない設計の角度もあるんですけども キター仕上げ になる斜面だと時に曲なっていて夏でもたっぷり たくさん残っているのを大雪渓それが本当にのんさん大雪渓の一つとしてこの白馬の外 設計が人気のルートなんですけども その設計の上っていうのがですね非常にこの雪が流れとかで落ちてきたりとかして底に たまって いくその過程でですねやっぱり石とかこの周りの山の岩とかが設計上にたくさん落ちて いきます でその落ちて来たーー岩は設計上で止まっていたりとかば不安定に止まっていたりとか 設計のエディション的に乗っているので安定はしてないんですけども困っていたりとか あとは転がって落ちてきたりとかっていうことが頻繁に大雪渓の上ではを怒っています でそこでですねやっぱり投稿となぁじゃあ の方がその設計を転がってくる 岩にぶつかってですね落石の時効っていうのも頻繁に多発しているのがこの大雪渓 そこの危険さというのをちょっと理解をしていただいてと何をしていただければと思う んですけども その設計上雪の上をですね転がってくる落ちてくるというのが転がってくる転がり落ち てくるっていう感じでかなりの 色でです猫がやってきますその時に石が転がってくるときに音がしないっていうのが 特徴で通り過ぎ時にこういうンって有効 音が聞こえるだけで前方から頃子があってきても 文に近い状態で転がっています それをですね常に確認をして登っている時はですね どうしてもこううち俯きがちに登ってしまうんですけども 大雪渓やまあ設計たりの中たりの底ある時はですね 師匠の八方から岩が落ちてきたりとか落石があったりとかいろんなことが起こるので常 に安全確認っていうのを怠らずに登っていただきたいんですけど特にこの大雪渓 石がたくさん転がっていてな山登っている時が疲れると思うんですけど結構大きな岩だ と大きな岩だといえぐらいの大きさの岩が設計の上 4日っている状態で その急斜面のところに泊まっているっていうのはたくさんあります 小さい子だとバスケットボールぐらいの意識が笑ったりとかそういった岩がですね まず上がをしてきたのがそのままの勢いで落ちてくるものと後はそういった止まって いるこの設計上に止まっている岩がですね その岩っていうのは太陽に照らされると熱を持ってその周りの雪を溶かし てごらんって転がったりとかそれがある程度スピードがついてしまうともう止まらなく て下の方まで嘘だとこう すごい落石になったりとかしますのでまあそういった 連勝をあるっていうことを理解していただいて 雪渓を登っていただきたいとで大雪渓上にはですね赤いマーキングしておりますそこが 登山道ということです けどそのルートはまあできるだけ岩とかが通り道っていうのがあってその地形とか によってはですね岩ヶ江通通りやすいところがあるんですけど 通りやすいところはなるべく避けてそういうマーキングがされているんですけども でも位は自然現象で転がってくる岩なので 変なバウンドしたりとかするとそのと残土のところに突っ込んでくるっていうことも 頻繁にあります なので必ず前の人ばっかり見てるわけでもなく 下ばっかりうつむいて歩いているだけでもなく必ずですね常に前方の確認 上の方の確認ですよね下りの時は後ろがを確認した いけないの森の時は前方確認と常に行わずに登るようにしてくださいもう一5石が落ち てきて自分のところに突っ込んでくるかもわからない しかもスピードどれぐらいなんでしょうかねすかなりを水道でびゅーんって有効 取るする時の音が鳴るくらいなんで当たるとイチコロに大が免れないというか 中にはなくなってしまう方もいらっしゃいます なので大石形状もこの白熊の大整形に限らず設計の上を歩く場合ですね夏場 特に周りに言わが岩山があったり上の方に言わが岩山があったりとかするところでは もうポロポロこの頃 石が落ちてくるっていうことがありますので上のほうからですね落ちてくるしそれが 設計上では音がしないので 4 気づきにくい場合もありますだか休憩の時とかも 山を背にして休んだりとかしないで変えず山をに向いてですね 休憩をするとなんかご飯食べるときも常に安全を確認前方の安全を確認しながら救急を するとか言わの通り道というところをなるべく避けて休憩していただければと思うん ですけども何年かいいですね こんな事故がお きたんですけども上からにメーターぐらいにベーターもないかな1ベーター50ぐらい までも人の背丈ぐらいの石が休憩している 登山のグループのところに向かって転がってきたということがありましてそこにはです ね長は求刑したところにデカイ岩があったんですけど まあそれが本当にデカいなメーターもあるような岩があって えっ 岩が上から落ちてくるんで そこにこのそのでっかい岩の後ろ側に隠れてその落石をですねやり過ごそう等 したんですけどもそれがたまたまそのでかい岩にドーンとぶつかって その岩がですねごろんと転がってしまってその中に一人 下敷きになってしまってなくなってしまうという方がきました まあいろんなことが起こりますその大きな岩もう決して安定している地面に埋まって 安定してるわけじゃなくてただ雪の上に乗っかっているだけ しかもその岩のですね周りの息は常にその岩が 温められた熱で溶けるということがずっと続いているのでその下の雪の状態によっては 簡単に転がってしまうということがありますのでそういった岩の下に入らないという事 も気を付けて下さい まあ設計の特徴としてはどうしてもこの設計上の空気っていうのは雪によって here されてしまいますので空気が常にした方向にてっ形状の空気は下に下がっていくと で者がっていくと周りから温かい空気岩であっ食べられた空気がまた設計の上に 吸い込まれてその釘山田 冷やされて常にエアコンのですね冷気を浴びているような感じで そのレイキは湿気を含んでいるのでじゃあ設計上は は常に何かこうきりになりやすい状態になります その冷気が上からしたりずっとこう突っ込んでくるそうするとですね 霧が濃い時なんかは前方の岩が転がってくるところが 視界が悪くてあが確認できなかったりとか雨降ってた動かすとさらに 霧が発生して結構濃くなったりとかもしますのでそういった時は落ちてくる岩を確認が できなかったりとかすることもあるので天気の悪い時そういったきりのですね恋ような ときはこの大雪渓のとか非常に危険になりますのでその上から押してくる はを確認できないのまあ近くとピョンと通り過ぎるような 本当に危険な状態もありますのでまあ天気がね悪いとき雨降ってる時とか まあみぞれが降っていたりとかあとは霧が発生したりとかっていうときは勉強だけこの 大雪渓の登山は控えていただきたいなと思いますのでその辺もですね 特に初心者の方に 限らずなんですけど結構ベテランの人も形も岩に当たって という時効っていうのも聞きますのでとにかくこの設計上は常に岩が落ちてくるという ことを認識していただいてですねその安全確認っていうのは怠らずに 天候が悪い時なんかは無理せずに友達ね視界が100m ぐらいあればなんとか 確認してそれでも確認するのがもう100メートル9枚でしか見えなかったりとかする と非常に高わかりづらい 何かが来るなあっていうのが分かってもそれが落石だって判断するまでに結構な数と 転がってくるので ない近づいてくる状態で確認して今度は避ける場所を右か左か できる場所の安全確認をしてからのそれから予測をしてって言うかある程度ですね安全 に避けようと思うとず判断に立って行動に移るまでの時間が必要なのであまり近くで こうみえたりしてもその判断ができなければそれは何もできずにですね当たってしまっ たりとかたまたま逃げたところに石が転がってきて当たってしまうとかいうケースも ありますので 大雪渓を歩く場合とにかく落石に注意 その落石は音をしないということで常に目視で確認するしかないという感じになります [音楽] はいが次にですね がぶっきゅるを使って 基本的でやスリップとかバランスを崩さないであるんですけど少し公ズルって来てええ えええ滑り始めたときどうするか区 [音楽] まず動きとしては ずにっ を断ってるけど気の持ち方代の時はピッツが a の普通に持つと後ろ側に向くとこれ後ろ側にピックを持つことが目的じゃなくて バランスを崩した時にすぐにこういう状態 持ち替えずにこういう状態に big を 持っているというのが これが前に向いてたらこう持ち換えなきゃいけないですよ そうそうほんとメイクデイて難病とか1秒とか って時間をロスしてしまうんです間にスピードがついたりとかしたりとかあとうまく高 を持てない慌ててこう上手く持てなかったらそれだけ 時間が経てば経つほどスピードが付くのでそうならないようにするためにはいつでも この状態 ピックを使って差して泊まれる状態それにできるようにすると 後年動きとしてはリップをした時はまず 行きの便にん 体を 受けてこのピックを いるラーメンに挿すとでこの時にこの位置はパーティ製は伸びたりとかしないでー だいたい胸の位置あたりピックが来るようにそれでしっかり ぐっ体重をこのピックにかけて止めると止まるまでじーっととにかく我慢 だからもうこの体勢になったらもうというかまぁ ねなるべく早く1個させ f 代の時は米国をお尻ですっ こういう状態で滑り始めることが多いのでこの状態が一番滑るんですよ お尻説明のは昨日もいろいろをすべて見てわかると思うスロー こうやって滑ろうと思ってもそんな趣味のでないんだけど欲しいで滑って足を上げたら もうすごいスピードが出るとその状態を早く脱出しなきゃ で すぐにこう持ち替えて地面に向き直して止めると という感じです つまりさあちょっと 怖いなぁと思ったら滑らないでその場で こうやって持って 反転して saas 練習をすればいいそれちょっと滑っていますねまずこの状態から を招待したらこう言っ


[673.11]
思い今止まらないんです こんな感じ これでまあそんな州でてなかったらこそ 広げても この 安代 またのところに行きがたまってそれは抵抗になって泊まることもあるんですけど


[691.48]
第3部はやらなくなったなぁ


[701.75]
スピード出さないでバズはう 8滑る前にも発展してあったほからしいですね その後でこれを使っ ちょっと滑ってから止めるって言う練習ですよね それはずるずるいってもずっとこの状態はもう止まるまで ちょっとは何とまんだろう


[724.32]
はいどうぞ [音楽]


[738.5]
第6系



Description:
More from this creator:
【太田の道具一覧表】 LOWA TAHOE PRO→ http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/kutsu/tahoeprosp

ソックス FITS → http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/c/expedition

冬山登山靴 LOWA WEISSHORN → http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/kutsu/weisshorn

アイゼン GRIVEL Air Tech New Classic → http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/WINTERGEAR/airtech_newclassic

ワンタッチ式 GRIVEL Air Tech -O-Matic http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/WINTERGEAR/gd402

ワカン トレースライン → http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/mm_tjwn01

LOWA RENEGADE MID→ http://www.backcountry-shop.jp/fs/bcshop/renegadegtmid_m

登山靴 選び方 6つのポイント! https://youtu.be/aCUPWe3fFfg

登山靴 で 足が痛い 3つの原因とは? https://youtu.be/NkNQLrRO4g0

足が痛い!登山靴 によくある特徴 https://youtu.be/guHWCRetjac

足が痛い登山靴のご相談 原因はこれ! https://youtu.be/Pk4zaCBcFr8

登山靴 靴紐の縛り方 基本編 https://youtu.be/oafawPaWdZI

LOWA TAHOE PRO 登山靴 ローバー タホー プロ https://youtu.be/NkNQLrRO4g0

LOWA TIBET LL WXL ローバーチベットワイド登山靴 https://youtu.be/YHUrztKnrkY

登山靴フィッティング専門店 バックカントリー穂高 公式Webサイト http://www.backcountry.co.jp

BC穂高 登山教室 http://www.backcountry.co.jp/guide/guide_index2.html

BC穂高 オンラインショップ http://www.backcountry-shop.jp

Facebook 太田毅彦アカウント(友達申請受付中)メッセージ ※お友だち申請の時に必ず事前にメッセージをお願いします。 https://www.facebook.com/bchotaka

●公式Twitterアカウント● 太田毅彦(Takehiko Ohta) https://twitter.com/BC_HOTAKA

北アルプス登山情報 https://twitter.com/NorthernAlps

●Youtube公式アカウント● BC MOVIES https://www.youtube.com/user/BACKCOUNTRYHOTAKA

#mountaineering #マウンテニアリング #登山 #トレッキング #山 #山登り #遭難 #行方不明 #北アルプス
Disclaimer:
TranscriptionTube is a participant in the Amazon Services LLC Associates Program, an affiliate advertising program designed to provide a means for sites to earn advertising fees by advertising and linking to amazon.com
Contact:
You may contact the administrative operations team of TranscriptionTube with any inquiries here: Contact
Policy:
You may read and review our privacy policy and terms of conditions here: Policy